デザインを成功に導く、サムネイルの3大メリット

弊社ではデザイン作業に取りかかる前にサムネイルというものを描きます。親指の爪ほどの大きさに描くという意味からサムネイル。デザイナーは聞き慣れた言葉ですが、デザインしていく上でこの行程はとても重要です。描かずにモニターに向かって作り始める人もいるかもしれませんが、描くメリットを3つに絞って紹介します。

 

長引く残業に終止符を?

サムネイルを描くメリットの一つが時短です。どこの職場でも仕事の早い人はいると思います。またその逆も然り。もちろんデザイナーにも早い遅いがあり、大概サムネイルをガンガン描いている人は仕事が早い。描くのと描かないのでは、制作にかかる時間も違ってきます。アイデアを一度具体化し、幾つも描いた中からいいと思うものを作っていく。少々荒削りでもいいから描く。落ち着いてじっくり描くのではなくガンガン描く。このほうが断然早く進みます。

一人で突っ走ると大怪我

もう一つのメリットが、コンセンサスが取れる事。例えば、デザインを作って提出したら、クライアントからの希望で全く違う案に変更になった。なんて事は避けたいものです。デザインを仕事として行う以上、必ずクライアントや他のメンバーがいて、意思疎通を図らないといけません。サムネイルによってイメージを共有でき、無駄なく進行することができます。無駄がなくなるということは、その分クオリティーをあげられる事に繋がります。

絶対にこれだけは押さえたい

デザインする上でとても重要なのが、まず何をどう伝えるかという事。何を大きく扱うか、どの情報を先に伝えるか、じっくり読ませるページなのか、情報満載でオモチャ箱をひっくり返したようなページなのかなど、様々なことを整理しなければ誌面は作れません。そのためにもサムネイルの段階でプライオリティを明確にする必要があります。そうすればレイアウトの際、迷わず進めることができます。なかなかまとまらない場合、実際に番号で優先順位をつけるのも一つの方法です。

 

以上がサムネイルを描く3大メリットになります。他にもあるかと思いますが、

サムネイルの描き方やコツなども含め、また機会があれば取り上げてみたいと思います。

ページトップボタン

リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー
リンク集:スーパーコピー時計ロレックススーパーコピーウブロスーパーコピー